MEDULLA

Waitless
THE PERSONAL SALON
会員規約

この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社Sparty(以下「当社」といいます。)がWaitless THE PERSONAL SALONのサービス名で提供するすべてのサービス、プロダクト、その他一切の製品及びサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用するすべてのお客様 (以下「利用者」といいます。)と当社との間で定めるものです。


第1条(本規約の適用)
1. 利用者は、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。利用者は、本規約に有効かつ取消不能な同意をしない限り本サービスを利用できません。
2. 利用者は、本サービスを実際に利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。
3. 利用者が本規約に同意した場合、利用者と当社の間で、本規約を契約内容とするサービス利用契約(以下「本利用契約」といいます。)が成立するものとします。


第2条(情報の取扱い等)
1. 利用者は、本サービスの利用登録に際して利用者ご本人に関する情報を当社に対して提供する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければなりません。
2. 利用者は、利用者ID及びパスワードの貸与、管理、使用についての一切の責任を持つものとし、利用者自身又は第三者により利用者ID及びパスワードの不正使用等があった場合、利用者が一切の責任を負うものとします。
3. 利用者ID及びパスワードの利用者は、本規約の適用を受けるものとし、利用者ID及びパスワードの利用者の行った行為が本規約に違反する場合は、当社は第8条に基づいた措置を行うものとします。また、利用者は利用者ID及びパスワードの利用者が本規約を遵守するよう管理する責任を負うものとします。
4. 当社は、利用者ID及びパスワードが不正に使用されていると判断した場合、利用者への事前の通知なしに、利用者の利用資格を停止できるものとします。その場合、利用者が本サービスを利用できず損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
5. 利用者の個人情報の取扱いに関しては、本規約のほか、当社のプライバシーポリシーによるものとします。


第3条(本規約の変更及び追加)
1. 当社は、本規約の全部又は一部を任意に変更することができ、また本規約を補充する規約を新たに定めることができるものとします。当社は、本規約を変更・追加する場合には、事前に当社所定の方法により利用者に通知します。本規約の変更・追加は、本サービスを提供するウェブサイトに掲載した時点から効力を発するものとします。
2. 利用者は、前項の内容を十分に理解し、本規約の最新の内容を定期的に確認する義務を負うものとし、当社に対して、本規約の変更・追加に関する不知・異議・クレーム一切を申し立てることはできません。
3. 本規約の変更・追加により利用者に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、当社は、利用者が本サービスの対価として当社に支払った1ヶ月分の利用料の最高額を上限として責任を負うものとします。


第4条(本サービスの提供・措置)
1. 当社は、本サービスの提供を受けることができる利用者を、本サービスへの利用登録の有無、ご本人確認の有無、その他、当社が必要と判断する条件を満たした者に限定することができるものとします。
2. 当社は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じます。但し、かかる措置が講じられていない場合であっても、当社は、利用者及び第三者に対して、利用者及び第三者が本規約に違反しないことを保証するものではありません。また、当社は、利用者及び第三者に対して、かかる違反を防止又は是正する義務を負いません。


第5条(通知又は連絡の方法)
1. 当社が、利用者に対し通知等を行う必要があると判断した場合、当社は、電子メール、書面等、当社が適当と判断する方法により随時利用者に対し通知等を行うものとします。
2. 前項における電子メールの通知にあたっては、利用者が利用登録時に申告又は利用登録後に当社所定の手段で変更申告した電子メールアドレスを通知先アドレスとします。
3. 当社が前項の通知等を本サービスのWebサイト上で行う場合は、当該通知等をWebサイトに掲載した日をもって利用者に当該通知等が到達したものとみなします。また、電子メールによって通知等を行う場合には、当社が利用者に対して電子メールを発信した時点をもって、利用者に当該通知等が到達したものとみなします。


第6条(定額コース)
1. 利用者は、当社が別途定める本サービスの各コース(以下「定額コース」といいます。)を選択して購入できます。
2. 利用者が定額コースを購入する場合、別途当社と契約するものとします。
3. 利用者は、定額コースを購入した場合、当該コースに応じたサービス(以下、単に「サービス」といいます。)に参加することができます。
4. 購入中の定額コースの価格改定時は、当社から通知を行うものとします。


第7条(定額コースの更新・変更・退会等)
1. 定額コースの有効期間は契約日(前条第2項に定める契約が成立した日)が属する月の1日から当月末日までとし、第2項(コースの変更)又は第3項(退会)に定める手続きが取られなかった場合、同一条件にて1ヶ月間更新されるものとし、以後同様とします。
2. 利用者は、当月20日までに当社所定の方法によりお申し出いただくことで翌月以降のコースを変更することができます。
3. 利用者は、当月20日までにWaitless THE PERSONAL SALONの店舗にて対面で手続きすることによって、翌月以降に退会(会員権の失効及び本サービスの利用終了をいい、以下同様とします。)することができます。
4. 定額コースのサービスは、退会日の翌月1日から利用できなくなるものとします。
5. 定額コースの変更又は退会にあたって、利用者が当社に対し既に支払った利用料金等(将来において利用予定であったサービス等の対価も含む)について、当社は一切返金いたしません。


第8条(利用の停止)
1. 利用者が以下のいずれかに該当する場合、当社は理由の如何に拘わらず、利用者に対する本サービスの提供を直ちに中止し、利用者に対し会員権の停止処分又は除名処分を行うものとします。
(1)利用者が当社に対して虚偽の申告をした場合
(2)利用者が本規約に違反する行為を行った場合
(3)利用者が本規約の禁止事項に抵触した場合又は抵触するおそれがあると当社が判断した場合
(4)利用者が支払期日までに利用料金を支払わない場合
(5)利用者が支払停止若しくは支払不能の状態に陥った場合、又は不渡り処分を受けた場合
(6)その他、利用者による本サービスの利用について当社が不適切と判断した場合


第9条(料金改定)
1. 当社は、利用者の承諾を得ることなく利用料金や手数料等を改定する場合があり、利用者はこれを承諾することとします。利用料金に変更がある場合は、当社は利用者に対し通知するものとします。また、改定後の料金体系は、当該通知後に適用されるものとします。


第10条(本サービスの内容の変更及び停止・中止)
1. 当社は、利用者への事前の通知を行わずに本サービスの内容の変更、停止又は中止をすることがあります。この変更、停止又は中止については、当社が合理的と判断する手段を通じて発表するものとします。


第11条(本サービスの一時的な中断)
1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断する場合があります。
(1)システム(通信回線や電源、それらを収容する建築物等を含みます。)の保守、点検、修理又は変更を定期又はで行う場合
(2)火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
(4)戦争、変乱、暴動、騒乱、疫病、労働争議等その他不測の事態により本サービスの提供ができなくなった場合
(5)法令による規制、行政処分等が適用された場合
(6)その他、本サービスの一時的な中断が必要であると当社が判断した場合


第12条(本サービスの廃止)
1. 当社は、業務上の都合により、利用者に対して提供している本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。
2. 当社は、前項において定める本サービスの廃止を行う場合には、その1ヶ月前までにその旨を当社が適当と判断する方法により利用者に対し通知します。


第13条(禁止事項)
1. 利用者は本サービスを利用するにあたり、下記に該当する行為又は該当するおそれがある行為をしてはならないものとします。
(1)当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡、又は質権の設定等その他担保に供する行為
(2)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社(当社の役職員及び本サービスの運営委託先の従業者を含む。以下本条において同じ。)の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権等をいいます。)及びその他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(3)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社の財産、信用、名誉及びプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(4)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社に不利益を与える行為、又はそのおそれのある行為
(5)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、他の本サービスの利用者、第三者又は当社の個人情報を売買又は譲受する行為、又はそれらのおそれのある行為
(6)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、公序良俗に反する行為及びそのおそれのある行為、又はそれを助長する行為
(7)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、公序良俗に反する情報を他の本サービス利用者又は第三者に提供する行為、未成年者にとって有害と認められる情報の売買、譲受又は掲載する行為、又はそれらを助長する行為
(8)法本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、令に違反する行為や犯罪的行為若しくはそのおそれのある行為、又はそれを幇助する行為
(9)本サービスの利用における行為であるか否かを問わず、本サービス及びその他当社が提供するサービスの運営を妨げる行為、他人になりすまして情報を送信、受信又は表示する行為
(10)本サービスの利用において、本サービスを当社の許可なく第三者に利用させる行為
(11)本サービスの利用において、本サービスにおいて、事実に反する又はそのおそれのある情報を提供する行為
(12)本サービスの利用において、選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類似する行為
(13)本サービスの利用において、宗教活動又は宗教団体への加入行為
(14)その他、当社が不適切と判断する行為


第14条(利用者の義務及び責任)
1. 利用者は、本規約を理解し、その履行に努めこれを厳守するものとします。
2. 利用者は、本サービスを利用してコミュニティを運営する際、特定商取引法、割賦販売法、不当景品及び不当表示防止法、薬事法、その他関係法令を遵守するものとします。またこの場合、利用者が個人情報の保護に関する法律上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、同法に定める個人情報取扱事業者としての義務等を遵守しなければなりません。
3. 利用者と他の本サービス利用者等との間で直接なされた情報の授受、及びそれに付随して行われる行為について、当社は一切責任を負いません。


第15条(契約上の地位の譲渡)
1. 当社が、本サービスに関する事業について、事業譲渡、合併、会社分割その他の組織再編を行う場合、利用者は、これによる本規約及び本利用契約上の当社の地位の移転について予め承諾するものとします。


第16条(個人情報の保護)
1. 当社は、利用者の個人情報を、本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しません。当社が取得した利用者の個人情報は、別途定める当社のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。なお、本条において個人情報とは、「個人情報保護に関する法律」に定められる個人情報をいいます。


第17条(損害賠償)
1. 利用者が当社、他の本サービス利用者又はその他の第三者に対して損害を与えた場合、利用者はこれを賠償するものとします(紛争解決に要した弁護士費用及び人件費並びに逸失利益を含みます)。
2. 利用者が犯罪行為を行った場合、前項は刑事告発を妨げるものではありません。


第18条(免責事項)
1. 当社は、本サービスの内容、利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行いません。
2. 本サービスに基づくサービスの提供の遅滞、変更、中止若しくは廃止、本サービスを通じて登録、提供される情報等の流出若しくは消失等その他本サービスの利用に関連して利用者に損害が発生した場合は、当社の故意又は重過失による場合を除き、本規約第3条(本規約の変更及び追加)に定める範囲内においてのみ責任を負うものとします。


第19条(反社会的勢力の排除)
1. 本規約において「反社会的勢力」とは、暴力、脅迫、威力、偽計、欺罔等の違法又は不当な手段を用いて、暴力的な要求行為又は法的な責任を超えた不当な要求を行う勢力のことで、暴力団、暴力団関係企業(フロント企業)、総会屋、政治活動を標ぼうして不当な要求を行う団体(えせ右翼)、社会運動を標ぼうして不当な要求を行う団体(えせ同和行為者等)、保有した株式の影響力をもとに高値での引取りを要求する者(グリーンメーラー)、特殊知能暴力集団等をいいます。
2. 利用者は、当社に対し、次の各号に掲げる事項を確約するものとします。
(1)自らが、反社会的勢力ではないこと。
(2)反社会的勢力に自己の名義を利用させないこと。
(3)自ら又は第三者を利用して、本サービスに関して次の行為をしないこと。
①当社、他の本サービス利用者又は第三者に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
②偽計又は威力を用いて当社の業務を妨害し、又は信用を殴損する行為
3. 当社は、利用者が前項の確約に反することが判明した場合には、利用者に対し何らの催告を要せずして本サービスの提供を直ちに中止し、会員権の停止処分又は除名処分をすることができるものとします。
4. 前項において、利用者は当社に対して、当社が被った損害を賠償しなければならず、自らに生じる損害について、当社に対し一切の請求を行わないものとします。


第20条(分離可能性)
1. 本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の他の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。


第21条(準拠法及び合意管轄)
1. 本契約の準拠法は日本法とし、本契約に関連する一切の紛争については、東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2021年5月11日 制定

トリートメント同意書

・当店にて採用しているトリートメントは、病的な要因などの治療目的ではありません。
・お客様は予め必要な情報を、漏れなくサロンに伝える義務があります。
・トリートメント結果には個人差があることを理解し、承諾します。

キャビテーション・ラジオ波・吸引EMS共通禁忌事項
トリートメントをお受けできない方及び部位の禁忌事項は次の通りです。
①妊娠中・授乳中の方、妊娠の可能性のある方
②ペースメーカーを装着されている方
③体に金属類が入っている部分(金の糸・ボルト)
④肌トラブルのある方(傷や皮膚疾患・日焼け・アトピー性皮膚炎・ケロイド体質など)
⑤体調がすぐれない場合(生理中など)
⑥化粧品の成分でアレルギーが出る方
⑦持病・通院中・お薬を常用されている方は医師に確認をお願いいたします
⑧施術により鬱血、赤み等出る可能性がございます。

ラジオ波施術禁忌事項
①身体・お顔に金属が入っている方

お客様の体調がすぐれない場合など、以下の注意事項を守っていただけない場合は、トリートメントをお断りする場合があります。
①トリートメント当日は、極度の飲酒及び不摂生、過度の運動は控えて下さい。
②トリートメント中、違和感がある場合は必ずサロンスタッフにお申し付け下さい。
③脱毛施術の前後1週間~10日お空け下さい。
④食後1時間以内の腹部のトリートメントはお控え下さい。
⑤トリートメント後は、水分をしっかり補って下さい。

禁忌時事項に抵触していない事を認め、トリートメント後はスタッフの指示に従い、注意事項を守る事をお約束し、責任を求める事は一切致しません。
トリートメント内容を理解した上で、入会することを確認しました。
×
利用規約
×
プライバシポリシー